結婚式・披露宴 節約術 〜知らないと損する!私が実践した節約術を伝授します。 〜

結婚・結婚式・披露宴にまつわる節約術を伝授します。披露宴での演出や余興も必見★新郎謝辞、新婦メッセージ、お礼の手紙文例集も役立つこと間違いなし!

ご祝儀のマナーと相場

time 2016/02/01

ご祝儀のマナーと相場

<ご祝儀のマナー>
ご祝儀袋に入れるお札は、新札にするのがマナー。
また、2万円、4万円などは「割れる」という意味からお祝い事では避けたほうがよい。
偶数金額を包む時は、五千円札を入れて奇数枚にして包むとよい。

・相場
・友人・知人 3万円
・友人・知人(夫婦の場合) 5万円

・親戚 5万円
・親戚(夫婦の場合) 10万円

・従妹 5万円
・会社上司・同僚 3万円

というのが大体の相場です。
私はいままで披露宴に10回くらい出席していますが、10代や20代の前半(21.2の頃)に
呼ばれた結婚式はまだ若かったこともあり、2万円包んだ記憶がありますが、
それ以降は友人の披露宴では3万円、夫婦になってから出席した披露宴では5万円を包んでいます。

<ご祝儀袋について>
地域によって違いはあるようですが、一般的には、中に入れる金額が高くなるほど、
祝儀袋も豪華なものを選ぶらしいです。
袋は超豪華なのに、中身は2.3万というのは確かに恥ずかしいかも(-“-#)
これも知識として覚えておくとよいと思います。

<相場って>
お祝い返しというのは、いただいた金額の半額くらいが目安ということですが、
披露宴でお一人当たりにかかる金額は、お料理と引き出物・引き菓子・プチギフト
などなどをあわせると大体1万5千円から2万円弱。

自分が結婚式をするまで考えたことなかったのですが、相場ってうまくできてますよね。
出席された方にはだいたい半分くらい返るようになってるんだなー感心してしまいました。

sponsored link

結婚準備-小物

結婚準備-ブーケ

結婚準備-美容

管理人

aoi

aoi

サイトに訪問していただきありがとうございます! 2004年2月29日に結婚式を挙げてから今年で結婚12周年を迎えました。今でも沢山の方がサイトを訪れてくださり、役に立ったというご感想をいただくことも多々あり大変感謝しております。 私は無駄にお金を使うことを好まないので、満足度が高くお金をかけない方法を考えて結婚式を挙げました。 古くなった情報は書き換えていますが、何年経っても変わらない情報も多いので、これから挙式を挙げられる方のお役に立てれば幸いです。

アーカイブ



sponsored link