結婚式・披露宴 節約術 〜知らないと損する!私が実践した節約術を伝授します。 〜

結婚・結婚式・披露宴にまつわる節約術を伝授します。披露宴での演出や余興も必見★新郎謝辞、新婦メッセージ、お礼の手紙文例集も役立つこと間違いなし!

ご祝儀制にしたワケ

time 2016/02/01

ご祝儀制にしたワケ

ここはとっても現実的な話になりますが・・・両親が一般的な挙式・披露宴を望んだことが一番ですが、
会費制にすると、経費の計算(会費の計算)や準備の面で大変だというのも理由のひとつです。ご祝儀制にするとなると、レストランウェディングなどでは、
自分たちにはこだわりがあったり、お金が思わぬところで
かかっているにもかかわらず、年配の方からみると豪華さに欠ける印象が
あるようなので、式場やホテルで挙式することにしました。結婚式には大変なお金がかかりますが、ご祝儀によってある程度の費用は
まかなえることになりますよね。
ご祝儀は相場が大体決まっていますので、計算も簡単でした。

私たちの場合は出席人数が60名で、うち親族が8組。
その他の出席者が30名でした。

単純計算で
親族の相場の間をとって 7万円×8組=56万円
上司・同僚・友人の相場 3万円×30人=90万円

150万円の計算だったので、160万から180万くらいの金額以内で
挙式・披露宴をやろうと思いました。

足りない分だけを自分たちで用意すればよいですが、会場への支払いは結婚式前になります。
しかし、ご祝儀は大半の方が当日に持参されます。
支払いにはご祝儀は使えませんので、先に用意しておく必要があります。

ぶっちゃけ、うちは彼の方がお金がなかったので、彼が金銭的な面から
挙式をするのを渋っていたのですが、先に立て替えておくだけの金額は
私のほうで用意できたので、この考えで彼を説得しました。

現金が足りなければ、足りない分はカードを利用という手もあります。

「節約は失礼?」でも同じようなことを書きましたが、
結婚式は、結婚の報告と「これからもよろしくお願いします」という挨拶の気持ちを込めて、
お世話になった方々を招待し、おもてなしするものだと考えています。

お金がなくても挙式できる!と最初からご祝儀をあてにするのではなく、
いただいたご祝儀も含め、予算を上手に活かして準備を進めることが大切だと思います。

sponsored link

結婚準備-小物

結婚準備-ブーケ

結婚準備-美容

管理人

aoi

aoi

サイトに訪問していただきありがとうございます! 2004年2月29日に結婚式を挙げてから今年で結婚12周年を迎えました。今でも沢山の方がサイトを訪れてくださり、役に立ったというご感想をいただくことも多々あり大変感謝しております。 私は無駄にお金を使うことを好まないので、満足度が高くお金をかけない方法を考えて結婚式を挙げました。 古くなった情報は書き換えていますが、何年経っても変わらない情報も多いので、これから挙式を挙げられる方のお役に立てれば幸いです。

アーカイブ



sponsored link